何を消費したかではなく、何を経験して豊かになれたのか

「せっかくここまで来たんだから、あそこにも行こうよ。」

f:id:y00k0:20180131050907j:plain

 

 

「せっかくだから」が口ぐせでした。

滅多にない機会をしっかり満喫する=あれもこれも消費する

と欲張っていました。

 

旅行の時によく口にしていました。

「なかなか来れないから、あれも食べよう。」

「せっかくここまで来たんだから、あそこにも行こう。」

 

でも毎回キャパオーバーとなり、帰宅時には疲れていました。

 

 

一度に色々詰め込むのは疲れます。

 

詰め込みすぎると、しんどくなります。

消化不良も起こします。

 

 

一つのものをじっくりと咀嚼して味わう。

それがいいじゃないかと気づきました。

 

 

あれもこれもと足を伸ばさず、一つの場所をゆっくり歩く。

電車や車で通りすぎるより、その土地の空気をじっくり味わえます。

 

旅行の思い出を振り返る時、あそこに行った、あれを食べたと名詞を並べるのでなく、自分の身体が感じたことを言えるようになりたい。

 

 

「何を消費したかではなく、何を経験して豊かになれたのか」

を意識して、一度きりしかない人生を過ごしていきたいです。